静岡県「ふもとっぱらキャンプ場」で玉乱キャンプ

『静岡県ふもとっぱらキャンプ場とは、実際、どんなキャンプ場なのだろ…』

 

キャンプ場として、有名だが、行った経験がないのでキャンプをしてみたい。

 

というわけで、今回、ふもとっぱらキャンプ場に行って、キャンプを行い、

その内容をお届けしたいと思います。

 

ふもとっぱらキャンプ場は、何故こんなにも有名なのか。

 

実際に、ふもとっぱらキャンプ場を訪れてみて、わかりました。

  

ここを読んでもらった、後で、今後、ふもとっぱらキャンプ場を訪れようと思っている

方たちへの参考になればと思います。

今回は、「伊豆のぬし釣り」さん、及び、「ヨシキャンプ-GOEN-ちゃんねる」さんと

ご一緒させていただいて、楽しい夜を過ごす事が出来たのでその内容もお届けしたいと思います。

【出発編】越後湯沢~静岡県ふもとっぱらキャンプ場へ

 

初の静岡県ということで、わくわくしながら、越後湯沢を午前7:30に出発し、

午前9:00に朝飯ということで高坂SAで休憩。

ここで、美味しい「角煮丼」を頂き、いざ、圏央道へ。

ここで、朝飯の写メを食欲を優先して撮り忘れる( ゚Д゚)

圏央道から、午前10:30に東名道の厚木SAでトイレ休憩。

トイレ内がすごくきれいで、テレビ、及び、ソファーが置いてあることに

驚く。

待ち合わせ場所のNEOPASA駿河湾沼津SAに

午前11:00過ぎに到着。

駿河湾が一望でき只々、感動!

ここで、2週間ぶりに、「伊豆のぬし釣り」と合流。

スペシャルゲストに

「ヨシキャンプ-GOEN-ちゃんねる」

みっちゃん参上!

「あ、Yotubeで観たことある人だ(*’▽’)」と

心の中で呟き、興奮する。

みんなで、お昼ご飯を頂き、「桜エビのかき揚げ」を

またも食欲を優先して写メ撮るのを忘れる( ゚Д゚)

ここで、「伊豆のぬし釣り」さんおすすめの「魚清」という「お魚屋さん」へ。

中は、一面ガラス冷蔵ショーケースに入ったお刺身がずらり( *´艸`)

ここで、サプライズ!

なんと、「ヨシキャンプ-GOEN-ちゃんねる」のみっちゃんが、

夜飯をご馳走してくれるとのこと。

みっちゃんは、銀座赤坂で板前を14年修行したという強者。

今から、楽しみです!(^^)!

「魚清」さんの詳細はこちら

食材は、ここで買い物。

夜は、ご馳走が用意されるので、買ったのは「お酒」のみ。

お酒類の買い出しは、

「伊豆のぬし釣り」さんの御用達「やまき」さん。

お酒のの種類が豊富で、日本酒、芋焼酎、ビール等、

普段は、手の入りにくいお酒がたくさん揃っていて、

我慢できずにお酒を追加で、購入(/・ω・)/

やまき」さんの詳細はこちら

【キャンプ本編】ふもとっぱらキャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場に到着。
受付を済ませて、いざキャンプ場内へ!
Romanticが止まらない(‘ω’)ノ

圧巻!

早速、チェアを出して、

「やまき」さんで購入した、1200円の発泡酒
で、一人お先に、

キャンプに乾杯

早速、テントを設営。
お馴染みの「ソロベース」に新しく購入したギアを設置!
新しく、購入したギアの紹介は、「YouTube」の方で。

【YouTubeのキャンプ動画はこちら

目玉は、左に見える、本物の鹿の角を使用した、嫁の手製

ランタンハンガーです。

※後日、ギアブログとして、所持しているギアを紹介していく予定です

こちらは、案内人「ゆう」のベースキャンプ

いろいろ、試して、模索していた「ゆう」のスタイルが

完成しつつある感じがします。

今回は、Aサイトを利用しました。Jサイトと迷ったんですが、

目の前に樹があったのが気になって結果的には、Aサイトでよかったと思います。

夜は、みっちゃんが手料理を振舞ってくれるということで、

「ゆう」が、最初に構想していた動画内容を急遽変更し、

板前みっちゃんに密着

で、出来た料理がこちら!

お刺身のお造りと金目鯛の煮つけ!

はい、どちらもキャンプでさっと料理できるものではありません!

みっちゃんありがとう( ;∀;)

そして、実食!

結果。。。

玉乱!!!!!!!!!!

寿司!

はい、マグロのお寿司を握ってくれました。

美味しくて、言葉になりません。

みっちゃん、優勝です。

と、ここで、「伊豆のぬし釣り」のやまとくん

「富士宮焼きそば」を作ってくれました。

同じ、「伊豆のぬし釣り」のけんいちくんのお墨つき

結果、

やまとくん、みっちゃんと同時優勝です。

最後は、みんなで、

周りのサイトに配慮しつつ、

楽しく、料理とお酒を頂きました。

最高かよ!

【終幕】楽しい仲間たち、ふもとっぱらキャンプ場ありがとう!

朝、起きたら、ご覧の

テントは、ビショビショのままでの撤収作業。

目の前の「富士山」は、一切見えませんでした。

おもてなしは、終わってなかった。

ここで、「伊豆のぬし釣り」さんのテントで

みっちゃんが、ベーコンエッグのジブリ飯

しじみの味噌汁

昨夜は、楽しすぎて、飲みすぎたので、助かります。

「ふもとっぱらキャンプ場」の魅力

それは、「富士山」の雄大さを堪能できるところだと思いました。

ソロキャンプ、家族キャンプ、仲間たち、いろいろな形のキャンパーさん方がいましたが、

みんな、共通していえるのは、「富士山」を見たいがために来ているんだと実感しました。

誰一人、出入り口を「富士山」以外に向けている方は、いなかったと思います。

最後に、

「伊豆のぬし釣り」のけんいちくん、やまとくん、御もてなしありがとう!

「ヨシキャンプ-GOEN-ちゃんねる」のみっちゃん、料理ありがとう!

「富士山」、感動ありがとう!

このご縁に感謝です!

「地球のぬしを釣るご縁」最高でした!

では、「また」。

↓このブログの動画はこちら


今回一緒にキャンプをした仲間

チャンネル登録お願いします

コメント