「PETROMAX HL1」と「ベイビースペシャル276 ジンク」は、最高の灯!

カッコいいオイルランタンが欲しい」と、

探し、見つけたのが、「PETROMAX HL1」と「ベイビースペシャル276 ジンク」でした。

購入の経緯

『「キャンプでオイルランタンの灯り」の雰囲気は必須だろ』と思い、

探して、見つけたのが、「PETROMAX HL1」と「ベイビースペシャル276 ジンク」でした。

購入の決め手

正直どちらを購入しようかと迷い、「ヒロシちゃんねる」やWebで検索して、

希少性や灯りと質感」を理由に、先に「PETROMAX HL1」を購入しました。

購入した、当時で既に、15,000円のプレミア価格になっており、

高かったのですが、ここで購入しなかったら「もっと高くなり購入できなくなる」と

思い購入決定!

ベイビースペシャル276 ジンク」は、「PETROMAX HL1」が高価でおいそれと

持っていけない、そして、メンテナンスが面倒という事で、

もっと気軽に使用したい」と購入を決定!

DIETZ」と迷いましたが、最後は、

ほやのデザイン」が私ごのみだったので決めました。

「ロゴが味気無さすぎた」ってのもあるんですが(´・ω・`)

仕様

PETROMAX HL1

サイズ : 径14×高さ21.5cm
本体重量 : 460g
タンク容量 : 150ml
燃焼時間 : 約20時間
明るさ : 5W

定価 3,240円(税込)

ベイビースペシャル276 ジンク

燃料:灯油またはスターパラフィンオイル
サイズ:15cm×26cm/重量:520g
タンク容量:340ml/燃焼時間:約20時間(灯油使用時)
材質:ガルバナイズドスチール
原産国:ドイツ

定価 4,400円(税込)

実際に使用した感じ

PETROMAX HL1」が点灯していない状態

ベイビースペシャル276 ジンク」が点灯していない状態

PETROMAX HL1」と「ベイビースペシャル276 ジンク」が点灯していない状態の比較

PETROMAX HL1」を点灯した状態

ベイビースペシャル276 ジンク」を点灯した状態

PETROMAX HL1」と「ベイビースペシャル276 ジンク」が点灯した状態の比較

※鹿角ランタンスタンドに吊り下げています

ちなみに、芯は台形に切ってからしようするとキレイな灯の形が出来ます(●´ω`●)

燃料は、「灯油」を私は使用しています。「パラフィンオイル」は、高いですから(;´・ω・)

ただし、ホヤが煤けてしまいますので、お手入れが必要になります。

メリット

PETROMAX HL1

・灯り

・コンパクトさ

・収納ケースがある

ベイビースペシャル276 ジンク

替え芯交換などの使い勝手の良さ

・購入しやすい

・タンク容量が大きいので1晩くらい余裕でもつ

デメリット

PETROMAX HL1

・高い ※プレ値

・タンク容量が小さい

・替え芯交換などの使い勝手の悪さ(製品に当たり外れがある?)

※1.替え芯の厚みに対して口径が狭い

※2.灯りを灯した後、ホヤがキレイに下がらない

ベイビースペシャル276 ジンク

・もう少しコンパクトな方が持ち運ぶのに便利

・質感が「PETROMAX HL1」と比較すると見劣りする ※錆びてくる

・ものによっては、オイル漏れがあるので燃料は入れないで持ち運ばなければならない

※ハンダ付け、及び、ゴムパッキンで対処可能らしいです

替え芯

燃料ケース

まとめ

2つとも素晴らしいランタンですが、やはり、長所と短所があるので

私の場合は、使い分けています。

例えば、連泊や遠征時は、「ベイビースペシャル276 ジンク」を使用して、

地元でやるときは、「PETROMAX HL1」を利用するなど。

「盗難」もこわいですからねぇ。

ひとつ言えるのは、「PETROMAX HL1」は、

大枚をはたいて買う価値はありません。

私の場合は、「自己満足」です。

では、「また」!

チャンネル登録お願いします

コメント